嫁 不倫 慰謝料

嫁の不倫相手に高額な慰謝料請求

嫁の不倫相手に700万円の慰謝料請求をして、制裁に成功した事例をご紹介させていただきます!

 

 

色々なインターネットでのサイトや、テレビ番組などで、浮気相手からの慰謝料は100〜200万円が相場だと聞いて、あまりにも金額が低すぎると腹が立ってしまいました。

 

自分としては、嫁が他の男によって汚されてしまったんだから、1億円の慰謝料をもらったって、気が済まないようなことをされたと思っています。

 

にもかかわらず、たった100万円〜200万円の慰謝料で片付けられてしまうなんて、ふざけるなと思いました。

 

 

嫁の不倫の証拠を掴み、弁護士に相談

 

探偵会社に依頼して、裁判でも有効な不倫の証拠を掴んでもらっていましたので、弁護士事務所に相談に行きました。

 

「自分たちの結婚生活が踏みにじられて、たった200万円前後では気が済みません。何か他に、もっと大きな制裁をする手段は無いでしょうか?」

 

そのように弁護士に相談したところ、「示談交渉をすれば、700万円の慰謝料を取ることくらいなら可能性はある」と教えていただきました。

 

というのも、裁判をした場合、裁判所が浮気相手に命じる慰謝料の相場は100〜200万円ですが、示談の場合は慰謝料の金額に明確な基準は無いそうです。

 

ですから、裁判をする前に、示談交渉をして慰謝料請求をすれば、700万円の慰謝料でも相手は応じる可能性があるとのことでした。

 

 

嫁の不倫相手、示談金700万円で合意

 

私としては、慰謝料として1億円以上は欲しいと考えていましたが、700万円と聞くと、まあ100〜200万円よりはいいかなと思ってしまいました。

 

不倫相手は、奥さんも子どももいて、まだ家族には不倫のことがバレていないようでした。ですから、妻や子どもに知られてしまうよりは、分割で示談金700万円を支払った方がいいという心境だったようです。

 

弁護士さんならではの、色々な賢いやり方によって、無事に示談金700万円で合意できましたので、取りあえずは怒りが少し収まりました。

 

これからは、夫婦関係を修復できるように努力していきます。

 

(東京都・30代男性)