嫁 浮気

嫁の浮気

浮気相手に制裁を加える良い方法とは?妻の浮気に復讐。

 

浮気が発覚したときには、怒りと悲しみでいっぱいになってしまいますよね。永遠の愛を誓い合った女性に、裏切られた心が引き裂かれていく感覚。

 

浮気相手と淫らな行為をしている時のことが脳裏によぎり、悔しさのあまり居ても立ってもいられなくなって、相手の男に制裁を加えてやりたいという強い衝動。

 

不倫相手の男を、本気で打ちのめしてやりたい、徹底的に叩きのめしてやりたいと思うことは、夫として当然のことです。

 

嫁の不倫には自分で復讐しないことが大切!公的制裁

 

たとえ浮気が発覚したとしても、絶対に自分で復讐しないで下さい!

 

浮気をした嫁には、大声で怒鳴って問いただしたくなるでしょう。

 

また、不倫相手の男には、人の女に手を出したらどうなるか、思い知らせてやりたくなるでしょう。

 

しかしながら、そこで過剰な行動に出てしまうと、自分が加害者になってしまいます。

 

たとえ浮気をしたにでも、大声で怒鳴りつけると、DVと見なされて自分の立場が悪くなってしまいます。これを口実に、家出をして実家に帰り、その後は弁護士を通してしか話さなくなる場合もあります。

 

不倫相手の男にも、激しい口調で慰謝料を要求したりすると、後で弁護士を付けられて脅迫罪で訴えると迫られることもあります。

 

不倫相手と面と向かって話しているときに、相手の男がふて腐れた態度を取ってくると、とっさに手が出てしまい傷害事件になることも少なくありません。

 

 

ですから、何が何でも自分で復讐せず、合法的な慰謝料請求をして、公的な制裁を加えましょう。

 

法律的に有効な証拠を掴めると、圧倒的にこちらの立場が有利になります。

 

嫁の浮気には、どんな証拠が法的に有効なのか?

 

裁判所を通して慰謝料を請求できるほど決定的な浮気の証拠とは、「不貞行為」を行っている事実を客観的に確認できるものです。

 

これを間違えると、自分が損をしてしまいます。

 

例えば、スマホのメッセージに、が他の男と浮気をしている内容のメッセージが残っていた場合、好きだとか、愛しているとか、旅行が楽しかったとか、またラブホに行こうとかいう言葉があると、夫としては明らかな不倫だと思いますよね?

 

ところが、これだけでは「不貞行為」、すなわちセックスをしたことは確認できないので、法律的には浮気と判断を下すことはできません。

 

たとえ、他の男と嫁がラブホに入った瞬間を目撃したとしても、それを写真や動画など記録に残して、ラブホから出た時間まで抑えておかないと、決定的な証拠とはならないので、言い逃れをされてしまいます。

 

GPSで妻の行動を追跡し、ラブホに長時間滞在していることが確認できたとしても、ラブホの駐車場に車を停めていただけだとか、一人でラブホに入って休憩していたと言い訳をされると、裁判では有利になりません。

 

決定的な証拠はプロに任せる!嫁の浮気

 

慰謝料を請求できるほど決定的な浮気の証拠を掴むためには、プロに任せることが賢明です。

 

最近の探偵事務所のほとんどは、弁護士と提携していることが多く、裁判で有利になる証拠や書類づくりに力を入れています。

 

 

慰謝料請求や離婚裁判となると、相手も弁護士を雇うことが多いので、巧妙に言い訳をして、言い逃れをしてくることがほとんです。

 

相手に弁護士を付けられると、素人では太刀打ちできないほど、足りない部分につけこまれて無力化されてしまいます。

 

もちろん、大手の探偵事務所に浮気調査を依頼するのは、費用が高いので経済的に厳しいですが、相場より安いけれども実績は優れている探偵事務所もあります。

 

ですから、まずは見積り価格で比較して、手が届きそうな複数の探偵事務所を見つけ、親身になって相談に乗ってくれる探偵さんに不倫調査を依頼するという流れがおすすめです。

 

→ 浮気の証拠を掴む